院長・スタッフブログ

TEL.052-355-3533

WEB予約はコチラから

脊椎圧迫骨折について

こんにちは。今回は放射線部より脊椎圧迫骨折についてお話させていただきます。この疾患の主な原因として骨粗鬆症が知られています。骨粗鬆症を発症すると骨が脆くなり、後方への転倒や尻もちをついたとき、重たい荷物を持ち上げたとき等に、胸椎(背中)や腰椎(腰骨)がつぶれてしまう可能性が高くなります。また、自覚症状のないうちにつぶれてしまうこともあり、背中が曲がってきた方や身長が縮んだ方は少しずつ症状が進行している可能性があります。脊椎圧迫骨折の症状は背中や腰の痛み、歩行、立ち上がる、座る、かがむ等の軽い動作時の痛み、仰向けの姿勢が辛い、寝返りがうてない、起き上がれない等、様々です。適切な治療を行わないと、周辺の脊椎にも影響を及ぼしてしまうことがあります。診断にはレントゲンやCT、MRIによる検査を行います。治療法としては保存的治療と手術的治療があります。いずれも医師による診断と治療が必要です。当院では専門の医療機関と密接に連携し、適切な医療を提供させていただけるよう努めております。中川区周辺には総合病院が多く、大変心強いですね。何かご不明な点等ございましたら、遠慮なくお申し付けください。安心して検査を受けていただくために、はやせ希望クリニック放射線部では患者様の検査が終了した後、その都度消毒を行っております。少々お待ちいただくこともあるかとは存じますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。※骨粗鬆症については令和2年11月のブログにて掲載しております。