院長・スタッフブログ

TEL.052-355-3533

WEB予約はコチラから

みんな大事です

こんにちは。コロナ渦で、ペットの売上が急増している一方で、保護団体や保健所へ持ち込まれるペットや捨てられるペットが急増しているという現実があります。自粛期間にペットを買い、終了したら捨てる人や安易にペット買い「こんなはずじゃなかった」と言って捨てるなど、生き物をアクセサリー感覚で買い、思った以上に手がかかる事に嫌気がさし、捨ててしまうのです。

 先日目にしたニュースでは「六甲山で手足を粘着テープで縛られ、痩せ細り衰弱した子犬が保護された」という話がありました。ただ捨てるだけでも信じられない事ですが、手足を縛って捨てるだなんて鬼畜のような事が出来る人間がいる事を腹立たしく思います。命を物として扱う自分勝手な人間は本当に許されません。

我が家にも愛犬がいます。生き物だから、食べれば当然排泄しますし、散歩やお手入れ等可愛いだけではなく、お世話をしなければいけません。でも、それ以上に大きな癒しを与えてくれます。仕事が終わって家に帰ると、愛犬が玄関で大歓迎で迎えてくれます。

1日の疲れも吹っ飛ぶ瞬間です。

(とても大事な家族です!!!)

胆嚢炎について

こんにちは。今回は放射線部より胆嚢炎についてお話させていただきます。胆嚢炎は急性と慢性に大きく分類されます。急性胆嚢炎は胆嚢結石が胆嚢の出口(胆嚢頸部や胆嚢管)に詰まり、胆嚢内に胆汁が停滞或いは逆流し、細菌感染を起こして胆嚢壁の粘膜に炎症が起きることが原因で発症します。胆嚢は腫大し、胆嚢結石を伴うことがほとんどです。急性胆嚢炎は痛み以外に吐き気や嘔吐、発熱、悪寒等を併発し、急性膵炎を発症することもあります。緊急処置が必要なため、早期発見・早期治療が大切です。慢性胆嚢炎は炎症が繰り返され、持続的な刺激を受けることで、胆嚢壁が肥厚し、瘢痕化・萎縮することにより、機能が低下してしまう疾患です。痛みの発作を繰り返しますが、症状は急性胆嚢炎ほど重度ではないといわれています。

右季肋部(肋骨下)や心窩部(みぞおち)、右肩周辺や背部の痛みを自覚したことがある方は、胆嚢結石や胆嚢炎の可能性があります。いずれの疾患も超音波検査やCT検査により、比較的容易に検出することが可能です。当院においても検出されることは少なくありません。何かご不明な点等ございましたら、遠慮なくお申し付けください。

はやせ希望クリニック放射線部では患者様の検査が終了した後、その都度消毒作業を行っております。少々お待ちいただくこともあるかとは存じますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

ゴミを出す時は気を付けます!

こんにちは!今日は雨ですね・・・。歩くときは気を付けようと思います。

先日、自宅の燃えるごみの日に袋を結ぼうとしたら右手の中指の付け根に何かが当たったらしく激痛が走りました。結局何が当たったのか分からないままでしたが(すぐに結んでしまったので)出血したので洗って保護をしました。

仕事をしている途中で痛みが増してきたのでみたら少し腫れているようでした。

(ちょっと腫れている?)

様子見ていましたが、次の日にはもう少し腫れてきてしまいました。職場で処置してもらい、お薬を処方してもらいました。

 

(もう少し腫れた感じに)

ちゃんと処置して薬飲んだら数日で良くなりホッとしました。自分がちゃんと見ていなかったので反省しました。糖尿病の患者様の場合は血糖が高いと傷の治りに時間がかかったり、逆に悪化する可能性もあるので特に足先は毎日ちゃんと見るのが本当に大切だと思います。毎日足はちゃんとみていますか?

宅配弁当を試食しました

こんにちは!今日は雨が降っておらず過ごしやすいようです。愛知県は新型コロナウイルス陽性者になった人がなかなか減らない状態です。感染予防に努めていきたいと思います。

先日とある業者さんから宅配弁当の試食をさせてもらいました。治療食など家でつくるのが大変な患者様も結構いらっしゃるので宅配弁当をすすめることがあります。説明するのに実際に自分が食べていないと分からなかったので試食できて良かったです。食べやすく分けられてました。塩分制限食でしたが味はしっかりしていました。冷凍してあるものなので温めたら美味しく食べることができる状態です。自分自身は味付けは美味しかったかなあと思いましたが、味の好みはそれぞれ違うのでなかなか難しいとは思います。宅配弁当も様々な会社があるので、食事でお困りでしたらパンフレットないものがあればお取り寄せします。お気軽にご相談下さい。

食事の重要性について

こんにちは。

我が家の息子二人はこの4月から大学三年と一年生になりました。長男は以前は名古屋周辺の学校でしたが岐阜の大学に三年次編入をしたので、朝が苦手な息子ですが、自分で6時過ぎには起きて1時間半かけて通学しています。主人の方針で大学生からはお昼は学食、コンビニで買うなど各々バイト代で支払う事となり、最初2回程学食で食べた長男でしたが、混雑しているのと節約のために、帰宅後に自分でチャーハンやサンドイッチ、野菜サラダなど栄養のバランスを考えたお弁当を準備している所に感心しています。次男は名古屋の学校ですが、元々料理に興味がなく今のところファーストフードやコンビニなどで食べたい物を食べている様なので、朝・晩の食事は野菜を多めにと心がけています。

今まで毎日4人分作っていた弁当でしたが、主人と自分の分だけとなると前日の残り物や簡単な物で済ませ、面倒な時はコンビニやカップ麺になりがちですがこの時期だからこそ免疫力を上げるためにも毎日の食事が重要だと思うのでバランスのとれた食事を心がけたいと思います。

梅雨に入りストレスも重なり、気分が落ち込む方もいらっしゃると思いますが、深呼吸やストレッチをすると血行が良くなり身体も気持ちも少し軽くなると思います。良かったらやってみて下さいね。

腹部超音波検査時の事前準備について

こんにちは。今回は放射線部より当院での腹部超音波検査時の事前準備についてお話させていただきます。※腹部超音波検査は緊急時を除き予約制で実施しております。

上腹部(肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓)を対象とする検査を受けられる患者様には、前日は消化の良いものを摂取し、21時以降の食事は控えていただいております。食事をされると胃に入った内容物が観察の妨げになります。消化管の動きは活発になり、ガスが発生します。また、食後は胆嚢から胆汁が分泌されるため、胆嚢は収縮してしまいます。このような状態になりますと、各臓器の徹底した観察が困難になるため、患者様には食事制限にご協力していただいております。

検査当日はお水・お茶に限り、検査の2時間ほど前までは摂取していただいても問題ありません(コップ1杯/200㎖以内)。心臓病、高血圧等の常用薬は医師からの指示に従い服用して下さい。糖尿病治療薬(血糖降下剤、インスリン)を投与されている患者様は低血糖発作の可能性があるため、必ず事前に医師にご相談ください。

21時以降に食事をされたり、検査当日に食事をされてしまった患者様は検査が実施できません。その際は来院される前にご連絡ください。何かご不明な点等ございましたら、超音波検査専任の診療放射線技師に遠慮なくお申し付けください。

はやせ希望クリニック放射線部では患者様の検査が終了した後、その都度消毒を行っております。少々お待ちいただくこともあるかとは存じますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

幸せな姿を見るといいですね!

こんにちは!

先月とある方がご結婚されました。結婚式は結構参加して、そのたびにいろいろ素敵だなあと思いとても幸せになります。今回は写真を見せてもらい、ニコニコのお二人の姿を見てホワホワと幸せな気持ちになりました。ゴールデンウィークも終わり、あらたな気持ちで頑張ろうと思います。よろしくお願いします。

(クリニック玄関にあるお花です、元気いっぱい!)

きぼう通信春号に掲載しました!

こんにちは!明日から5月です。1日は午前中診療しております。2日~5日は休診になります、ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

きぼう通信春号に掲載しました。感想などあれば教えてほしいと思います、よろしくお願いします。

きぼう通信2021 院長コラム

みんなで作った作品はとても素敵です!

こんにちは!グリーナリーデイサービスセンターです!急に暖かくなり、朝晩の寒暖の差が結構あるので体調には気を付けたいと思います。水分補給も忘れないようにしたいと思います。

デイサービスでは、利用者様と一緒に作品を作ったりしています。手先を使うことは大事だと思うのでやれることを一緒にやっています。今年はうし年です。色画用紙を切ってくるくるまいてはっていきます。完成した作品はこちらになります。

とても素敵な作品になりました。頑張っている姿を見ると自分も頑張ろうとなります。グリーナリーデイサービスセンターでは体験利用をしています。聞いてみたいことや疑問に思うことなどありましたら遠慮なくお声かけ下さい。よろしくお願いします。

電話:365-2666 担当:西口・山崎

優しく接することは大事です!

こんにちは!今日は天気が曇りがちで時々雨も降り、気持ちがハァとなりがちですが負けずに頑張りたいと思います。

我が家のモルモットの右頬のあたりが数日前からふっくらしてきたのでもしかして・・・と思って昨日受診しました。エコーでみてもらい「膿がたまっているかも」との事で切開したら膿が出ました。食欲や元気はあるので様子見ています。今回も病院の先生と看護師さんに優しく対応して下さり助かりました。優しい対応をして下さる姿を見て、自分も患者様と接している時、不安がないように優しく接していかないといけないなあと思います。新型コロナウイルスがなかなか落ち着かない日々ですが、そんな時こそ患者様に不安がないように関わっていきたいなあと思います。