院長・スタッフブログ

TEL.052-355-3533

WEB予約はコチラから

インフルエンザワクチン予約受付サービスのご案内

当院は10月1日から受付開始します。12月14日で予約終了します。内容を添付いたします。

不明点などございましたら遠慮なく当院にお問い合わせ下さい。9月後半になり朝晩が過ごしやすくなってきたと思われます。夏の疲れが出やすい時期でもあり、体調には気を付けないといけないなと思います。

よろしくお願いします。

飲み物に含まれている糖質量を

ペットシュガーを用いて量を目で見て分かるようにしたいと思いました。

 

自分はとある炭酸飲料が好きで、暑い夏は結構飲んでは元気になったー!と元気の源として飲んでいました。実際に糖質量を調べてみたら、約19gありました。3gのペットシュガーで計算すると6本ちょっとです。もう1本飲んじゃう時がありました。そうしたら一気に12本分摂取したことになります・・・。砂糖をそのまま12本食べるのは大変です。糖尿病の患者様は水分摂取として何を摂取していますか?糖質が沢山含まれているものを摂取すると血糖値が急激に上昇するので気を付けましょう!

一応クイズ形式にしています。実際に持ってみて、量を見てどう思ったか何か感じることができたらいいなあと思います。

中日新聞に掲載されました!

8月22日の中日新聞の教えてドクターQ&Aに掲載されました。

教えてドクターQ&A8月22日

感想などありましたら教えてほしいと思います。

天気が不安定で体調を崩しやくなります。

元気で過ごせますように。

いつもと違う症状、気になる症状などありましたら早めの受診をおすすめします。よろしくお願いします。

歯を大切に!!

こんにちは!暑い時期も過ぎ去り、少しずつ涼しくなってきましたね。

私は去年から歯科矯正を始めて、もう1年9ヵ月経ちました。前はガタガタだった歯も今は綺麗に揃いました。ガタガタの歯を見せるのが怖くて自分の笑顔が好きではなかったのですが、今は自信をもって笑えるようになりました。

矯正を始めるときに、医師から「虫歯があるので矯正が終わったら治療が必要です」と言われました。私は小学校の歯科検診からずっと虫歯はないと言われており、特に歯の痛みも感じなかったので、小学生以来歯医者に受診することはありませんでした。そのため、この年になって虫歯が見つかって非常にショックでした。

つい昨日、その虫歯を治療してきたところです。調べたら、虫歯を放置すると歯がほとんど溶けてなくなり、抜歯が必要になるケースが多いようです。 矯正していなかったら虫歯に気づかず進行していたと思うとゾッとしますね。

皆さんも、症状がある人はもちろんのこと、症状がなくても虫歯になっていたり、歯周病、歯槽膿漏など様々な病気にかかっていたりすることもあります。そのため歯科検診を受けたり、1度歯科受診をすることをお勧めします。(歯科医師によると3ヵ月に1回の受診が好ましいようです)自分の歯を大切に、少しでも長く自分の歯でおいしく食事が食べられるように、気を付けましょう!

~特に糖尿病の人~

糖尿病と歯周病は深い関係があります。歯周病があると血糖が上がり糖尿病が進行しやすくなり、歯周病を治療すると血糖値が下がるとされています。

そのため糖尿病がある人は特に自分の歯のことを大事にしていく必要があります。

当院では2週間に1回水曜日の13:00から、おしむら歯科の医師に来ていただき、歯科受診が必要かどうかみてもらうことができます。気になる方はどうぞスタッフにお声かけ下さい。

(矯正前の歯になります)

(矯正後の歯になります!!!)

 

器用になりたいと思う日々です

頭のてっぺんから足の先まで全身をみるのはとても大事です。話をしているだけだと、患者様にうまく伝わらないといけないと思い、見て分かるようにする工夫も必要だと思います。先日、足を見る大事さを伝えるのに、長い間使用していたものが古くなってきたので作り直しました。簡単に作れるかと思いましたが、自分が不器用なために手伝ってもらいました。

器用に、短時間でさくさく作業ができるようになりたいなあと思います。

 

足は歩くためにとても大事なものです。毎日見る習慣をつけましょう!

糖尿病がある患者様は特に大事です!

今日から通常通りのクリニックです!

先日の台風は雨や風があり、大変だったと思います。今日から通常通り診療しております。暑さで体力低下があったりするといろいろな病気にかかりやすいです。今日は点滴が必要になる患者様が結構来院されました。まだまだ暑い日々が続きます。元気で過ごせるようにと思うばかりです。よろしくお願いします。

(虹が撮れたと写真をもらいました)

講演会に参加するたびに思います ~お盆前の挨拶~

医学の進歩はすごいもので、講演会に参加すると新しい情報が入ります。自分自身で今まで得た知識が全てではなく、新しい情報に目を向けて前進したいと思います。クリニックのお休みですが、8月11日から15日になります。熱中症で来院される患者様も結構いらっしゃいます。体調管理に気を付けてお盆を過ごしてほしいと思います!よろしくお願いします!

きぼう通信夏号に掲載しました!

梅雨が明けて一気に暑くなり、体調を崩しやすい季節になっています。クリニックでは、体調を崩す患者様が多くなり、点滴治療をすることが結構あります。

熱中症には気を付けましょう!

きぼう通信夏号を作成しました。院長コラムを掲載しました。

院長コラム 2019 夏

感想などあるようでしたら教えてほしいと思います。一緒に夏をのりきりましょう!!!

よろしくお願いします!

アニマルセラピー(前回の続きです)

動物を使った治療方法で主なものにドッグセラピーがあります。高齢者や認知症、精神疾患など様々な障害を持つ人々のリハビリテーションを目的として訓練されたセラピードッグが医療・介護施設で活躍しはじめています。

家に来ると必ず亡くなった18歳の愛犬を探すほど仲良しだった実家の犬が今年の春に虹の橋を渡って行きました。長年犬のいる生活を続けてきたせいか犬のいない生活は、心にポッカリ穴があいてしまったようで日に日に辛さが増していったと思います。私と同様に両親も「もう犬は飼わない」と言っていました。

ただ高齢ということもあり諦めざるを得ないという感じがもしれません。妻が元気づけようと新しく迎えた家の愛犬を毎日連れて行き、とても可愛がってくれますが帰る時には「もう帰るのか。またおいで」と犬の額んじ頭をこすりつける声と姿が毎回さみしそうだと聞きました。犬がいなくなった事で散歩も必ず毎日行かなくてもいい訳で家から出る機会が減り、足腰が弱っていくのが心配でした。両親の心と身体の健康を考え、妻と何かあれば引き取ることも含め相談し、以前お世話になってブリーダーさんから両親にも新しい家族を迎えることにしました。

私と同様に「犬がいると癒されるわ、ありがとう」と顔を合わせるたびに言ってくれます。動物を飼えば手はかかりますが、それ以上の癒しを与えてくれます。

(実家にいたピッキーです!)

(新しい実家にきた家族のなゆたです!)

幸せホルモン

みなさん、「幸せホルモン」という言葉をご存じですか?脳内に分泌されるホルモンで心と身体に」心地よさを感じさせてくれます。

「セロトニン」イライラを緩和してくれる

「ドーパミン」快感を得ることができる

「オキシトシン」心を落ち着かせてくれる

中でも「オキシトシン」は人や飼い犬とのスキンシップ等で分泌され優しい気持ちを生む思いやりホルモンとも呼ばれています。自分のみならず相手の事を思いやれる心を持つことは、人間関係を円滑にするために必要不可欠ですね。

 

私事ですが昨年4月に18年間そばにいてくれた愛犬「リッチ」が虹の橋を渡っていきました。悲しくて悲しくてこんな辛い思いをするならもう飼わないでおこうと考えました。昨年は犬を連れて行けない旅行に沢山行きましたが、外に出れば散歩をする犬に出会い、家にいれば何か物静かなのもあり、もう一度飼おうか家族で相談しました。

 

昨年12月に滋賀のブリーダーから新しい家族を迎えました。

「くおん」といいます。

愛犬の可愛さは見ているだけで目尻が下がり大変癒されます。「家に来てくれてありがとう」といつも話しかけています。「くおん」の成長を楽しみに日々励みたいと思います。

(愛犬リッチです!今までありがとう!)

(新しい家族のくおんです!これからもよろしくね!)