院長・スタッフブログ

TEL.052-355-3533

WEB予約はコチラから

気胸について

こんにちは。今回は放射線部より気胸についてお話させていただきます。

気胸は何らかの原因で肺に穴があき、胸の中に空気が漏れた状態です。肺は漏れた空気によって圧排され、虚脱・萎縮してしまいます(しぼんでしまいます)。肺がパンクを起こした状態です。そのため、息を吸っても肺が膨らみにくく不十分で、呼吸がうまくできなくなります。症状としては、胸の痛みや息苦しさ、咳等が現れます。

 

気胸は発症の原因により、以下に分類されています。

・続発性自然気胸:肺気腫や間質性肺炎、COPD(慢性閉塞性肺疾患)等の呼吸器系疾患に伴う気胸です。中高齢者に多くみられます。

・原発性自然気胸:肺表面にできた嚢胞(風船状の膨らみ)が破裂することにより発症する気胸です。長身で痩せ型の男性に多くみられる傾向にあります。

・外傷性気胸:交通事故や転落、転倒等により折れた骨が肺を傷つけたり、刺創等の外的な原因により発症する気胸です。

・医原性気胸:カテーテル検査や生検等の医療処置を行った際に発症する気胸です。

・月経随伴性気胸:子宮内膜が胸膜に付着し、月経時に剥がれ落ち横隔膜に穴があき、胸腔内に空気が流入することにより発症する気胸です。

 

気胸の程度は胸部レントゲンによる肺の虚脱・萎縮(しぼみ)の程度により、以下に分類されています。

・軽度:肺尖部(肺の先端部)が鎖骨より上側にある状態。

・中程度:肺尖部(肺の先端部)が鎖骨より下側にある状態。軽度と高度の中間程度。

・高度:肺がほとんど虚脱・萎縮した状態。もしくはそれに近い状態。

軽度の場合は安静を保ち、自然治癒を待つことで回復することもありますが、中程度・高度の場合は胸腔ドレナージ(胸部にチューブを留置し、溜まった空気を持続的に外へ排出する処置)を行うため、入院が必要になります。軽度の場合も大量の空気が漏れ出し、肺だけではなく心臓や血管を圧迫し、重篤な状態に陥る緊張性気胸に移行することもあります。早期に診断し、速やかに適切治療を開始することが大切です。

はやせ希望クリニック放射線部では患者様の検査が終了した後、その都度消毒を行っています。少々お待ちいただくこともあるかとは存じますが、何卒ご理解のほどお願いいたします。

外出レクレーションをしました!

こんにちは!グリーナリーデイサービスセンターです!新型コロナウイルス感染者が減ってきて嬉しいです。ただ、今まで通り感染対策はしていかないといけないと思います。今週は外出レクレーションということで荒子川公園に行ってきました。週の始めはひまわりが咲いていました。昨日は公園散策とどんぐりを拾いました。外の空気を吸って素敵な風景をみて、利用者様たちは楽しそうに過ごしていました。

※写真は後日また載せたいと思います!

グリーナリーデイサービスセンターでは利用者様に合った生活が送れるように職員一同頑張って関わりたいと思います。デイサービスについて聞いてみたい、お試しで利用してみたい、など何かありましたら遠慮なくご連絡下さい、よろしくお願いします。

グリーナリーデイサービスセンター 電話:365-2666 担当:山崎

10月も終わりに近付きました

こんにちは!10月も終わりにさしかかり、ハロウィンが近づいて、いろいろな場所でハロウィングッズが売ってますね。こっそりお菓子購入して美味しく食べたいと思います。ハロウィンパーティーが出来る日がいつかくるのを楽しみに・・・。

先日何となくおそばが売っており(乾燥タイプの)十割そばと八割そばがあり、八割そばのほうが炭水化物の量が多いと思ったら十割そばのほうが多かったのでなんでなのかなあ?と思い調べています。いろんな情報があるのでしっかり見ないといけないと思いました。

胆嚢腺筋腫症について

こんにちは。今回は放射線部より胆嚢腺筋腫症についてお話させていただきます。以前ブログでお話させていただいた胆石症や胆嚢ポリープ等に比べて、聞き慣れない疾患名だと思うのですが、腹部超音波検査を行っているとしばしば発見されます。胆嚢腺筋腫症はRAS(Rokitansky Aschoff Sinus)と呼ばれる憩室の一種が増殖し、胆嚢壁が厚くなる疾患です。RASは胆嚢の内側にある粘膜層が筋層や漿膜といった外側に向かって憩室様に陥入したものです。このくぼみの内部は空洞であるため、超音波検査では無エコーとして黒く描出されます。壁内に結石が存在することもあります。

 

胆嚢腺筋腫症は形状により、主に3つの型に分類されます。

・限局型(localized type):胆嚢底部を中心に病変が形成された状態です。

・分節型(segmental type):胆嚢頸部や体部を中心に病変が形成され、内腔が狭小化した状態です。

・びまん型(generalized type):胆嚢全域、広範囲に病変が形成された状態です。

※胆嚢は「頸部」「体部」「底部」に分類されています。

 

無症状のことが多いのですが、胆石症を伴う胆嚢腺筋腫症や胆嚢炎を発症している場合は、右上腹部周辺に痛みや違和感等を感じることがあります。このような症状がある場合は手術の適応になります。無症状の場合は診断が確定後、年に一度を目安として腹部超音波検査による経過観察を行っていきます。※胆嚢腺筋腫症と確定される前は、造影CTやMRI、内視鏡による診断を行うこともあります。

それぞれの医療機器の特徴を活かし、様々な視点からの画像診断が疾患の早期発見に繋がります。ご不安やご心配がおありの際は、どうぞご相談くださいませ。

はやせ希望クリニック放射線部では患者様の検査が終了した後、その都度消毒作業を行っております。少々お待ちいただくこともあるかとは存じますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

献血に行ってきました。

コロナが少し落ち着いてきたので久しぶりに名古屋駅に献血に行ってきました。

コロナのせいで献血に行く人が減っていると聞いていましたが、人が集まるところに行く事に抵抗があり、

なかなか行けなかったのですが予約して車で行ってきました。日曜日に行きましたが、想像以上にみなさん

献血されていました。

痛い思いをしますが、やってよかったなと満足感があります。

あと、8月に健康診断を受けたのですが、コレステロールの数値が高くなっており、改善しようと調べてみると

肉よりも魚を食べるといい、という情報があったのでとりあえず試してみようと、それ以後は魚中心の食事に変えていました。

献血すると血液検査の結果を教えてもらえるので、少しでも改善されていたらいいなと結果を楽しみにしています。

 

献血ルーム(26階)からの景色です

話を聞くこと

こんにちは!10月に入っても昼間が少し暑いですね!

最近人の話を聞くということについての研修を受けました。話している途中で自分自身の感情が入りがちになりますが、まずは相手の話を最後までちゃんと聞くことを忘れないようにしないといけないと思いました。例えば「寝れなかった」という話に対して、寝れない理由は本当に人それぞれなので相手がなんで寝れなかったのか聞く姿勢が本当に大事だと思いました。まだまだ勉強しないといけないなあと思います。

10月11日(月)はクリニックはお休みになります。ご迷惑をかけますがよろしくお願いします。

自分は食べれませんが・・・

こんにちは!10月になりました。昼間は暑い日もありますが、朝と夕方は気温が下がってきているので体調管理には気を付けたいと思います。

先日とあるデイサービスで出たおやつを見せてもらい写真を撮りました。

美味しそうですね!よく見るとレーズンが入ってます。自分はあまり好きなほうではないのでついよけてしまいます・・・。

そんなレーズンには食物繊維やポリフェノールなど身体にとっていいものが含まれているようです。(いいものって分かっても食べれないものですね・・・)

世の中、身体にいいと言われている食べ物はいろいろあります。摂取するのはいいのですが、極度に食べ過ぎるのは気を付けましょう!バランスよく食べるのが大事ですね!

インフルエンザ予防接種のご案内について

こんにちは!昨日今日と結構天気も良く気持ちいい日ですね!

インフルエンザ予防接種のご案内になります。10月1日から予約開始となります、よろしくお願いします。

何か不明点などありましたらご連絡よろしくお願いします。

疲労骨折について

こんにちは。今回は放射線部より、疲労骨折についてお話させていただきます。疲労骨折は一度の大きな衝撃や圧力ではなく、弱い力が同一部位に繰り返し加わることにより発症する骨折です。

この骨折はスポーツやトレーニングが要因となることが最も多く、この場合、筋力や柔軟性の不足、能力や技術に合わない不適切・過度の運動、環境的な問題(場所やシューズ等)により、同一部位への負荷・疲労が蓄積されることで発症します。また、日常生活の中での同じ動作の繰り返しや骨粗鬆症が要因となり発症することもあります。一度の大きな衝撃や圧力による骨折のように、激しい痛みや皮下出血を伴うことは少ないのですが、動作時の痛みや圧迫痛、該当部位に腫脹が確認されることがあります。

※骨粗鬆症については令和2年11月のブログにて掲載しております。

好発部位としては中足骨(足の甲)、肋骨、脛骨及び腓骨(すね)、尺骨(前腕骨の小指側/細い方)、大腿骨、足関節内果(くるぶし)に加え、腰椎(腰椎分離症)が挙げられます。疲労骨折は初期の段階ではX線画像(レントゲン・CT)で明らかに診断できないことがあります。発症してから数週間(2~3週間)経過をすると、通常は仮骨の形成が進み、X線画像で明瞭に確認することができるのですが、早い段階での確定診断が必要です。このような骨折にはMRIが大変有用であるため、当院では周辺の医療機関(総合病院・専門病院)と連携し、迅速な検査を行うよう努めております。

疲労骨折は運動を控え、安静を保つことで症状は治まってきます。部位や程度によっては手術の適応となることもあり、再発する可能性もあります。現代医療において、画像診断(装置)は必要不可欠です。画像診断の後、医師のよる適切な治療を受けることが大切です。

はやせ希望クリニック放射線部では患者様の検査が終了した後、その都度消毒を行っております。少々お待ちいただくこともあるかとは存じますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

日々頑張ってます!

こんにちは!グリーナリーデイサービスセンターです。愛知県はコロナウイルス陽性の方がまだ結構います。デイサービスでは感染予防に頑張って取り組んでいます。感染予防もですが、利用者様が元気で過ごせるように一緒に体操やリハビリなどいろいろ行っております。それぞれの思いが生かせるように日々頑張っています!!!

デイサービスについて興味がある方、聞いてみたいと思う方、遠慮なくお声かけ下さい! 担当:西口・山崎 電話:052-365-2666

(デイサービスで元気になりたいと思います!ぐらちゃんです!)